うつ病の症状を知って、発症を防いでいこう

風船

知っておこう

うつ病の歴史の変遷は

うつ病、現代では珍しくない病気です。特にうつ病のような精神的な病気は最近では珍しくなく、2010年現在で約100万人の患者がいると言われています。精神的な病気は生活習慣病とも言われ、その発症率の高さが特徴とも言えます。その歴史はいつ頃からなのでしょうか。うつ病自体が日本で認められるようになったのはまだまだ浅いものだと言えますが、その言葉の起源を辿ればそれなりの歴史があります。ヨーロッパで18世紀から19世紀にかけて、メランコリーという言葉が流行りました。これがうつ病という言葉の起源です。外国で言えばこんなにも昔から存在があったのですね。日本人はその性質から、なかなかうつ病という病気を病気と認めない傾向があったため、割と遅い時期になってからこの言葉は広がりました。では実際うつ病かどうかチェックするポイントはどこにあるのでしょうか。

チェックポイントと改善していくには

前章でも少し触れましたが、うつ病かどうかのチェックポイントはどこにあるのでしょうか。 まずチェックしたいのが、自分の人生に対して、生活に対してマイナスな気持ちをもっているかどうかです。うつ病になってしまうと普通の人が気にならないことも、気になってしまう傾向があるようです。他には元々の性格の傾向をチェックする必要もあります。これは元々の性格が真面目な人の方がうつ病にかかりやすいということがあるからです。この二つのことから言えるのは自分自身について知り、チェックすることがまず病気の改善の第一歩と言えます。多くの患者さんは自分が病気であることを認めなくないと思ってしまうようですが、病気であることは何も恥ずかしいことではないのです。まず一歩病気を認める事から治療は始まるのです。